祝日の意味を学生視点から考える。

ゴールデンウィークが終わった。それは同時に7月の海の日まで祝日がないことを意味する。

たまにある連休中のために生きているようなものなのに、祝日がないとはどういうことなのか…しかし、そんな私にも朗報が飛び込んできた。祝日を増やすという政府の計画である。

Composite of Clock and Calendar

それは海の日に対し山の日というらしい。これでゴールデンウィークから海の日まであいだ休みが増える、と思っていたのも束の間、山の日はいつ8月に制定されるそうだ。そもそも祝日というのはほとんどの学生にとっては「休みの日」という意味合いしかない。

海の日だから海に感謝するとかそんなことする学生はいないだろう。その休みの日をあえて8月に持ってくる意味とはあるのだろうか…そして山の日のとは何に対してどのように祝う日なのか。

山に登る日と定義づけるなら8月の暑い日にあえて登るようなことはまずしたくない。どちらかといえば都市圏に住む私には山とは無縁の生活である。

ほとんどの人がまずそうであると思うが。とにかく海の日と並べて自然に感謝という意味が含まれていると考えた。では、6月ごろ、雨の日というのを作るのはどうであるか?